カメラワークで動画の良しあしが変わってくる

ユーチューバーが動画作成をするためロケに出かけることも
あるでしょう。そこで気をつけなければならないのが
カメラワークです。いつも室内で撮影をしているユーチューバーは
いつも通りの気持ちで動画を撮ってしまいがちです。
動画を撮り終えて家に帰って編集してみたら動画がブレブレだったと
いうことがよくあります。ロケは初めてだからしょうがないと
非常に見にくい動画を投稿してしまうと評価がダダ下がりすることがあります。
今まで高評価をとり続けていたにもかかわらず、そのたった一本の動画が
大切なファンを失ってしまう恐れもあります。
ロケの動画撮影もまた非常に難しいので、改めて動画撮影の技術を
学ぶ必要があるのです。

ロケの難しさとは?
ロケ撮影は室内撮影と比べ物にならないくらい非常に難しいものです。
室内では自分のペースで撮影することができますが、外出先では
人はもちろん車の音、太陽の位置など常に確認しながら
撮影する必要があります。場所によってはずっと立止まれなかったり
撮影禁止のところもあります。
常に注意を払って撮影をしなければならないのでかなり計画を作って
動画撮影に臨む必要があるでしょう。

ブレブレの動画は視聴者が不快に思う
今回は、ロケの撮影方法についての問題点を考えてみたいと思います。
慣れてくれば撮影する必要のない背景を瞬時に見極めることができませんが
慣れない子はそのようなことができないのでまずはカメラをぶれさせないというのが
一番気をつけなければならないところです。
室内では固定したカメラで撮影することが多いですが、
屋外での歩きながらの撮影はどうしてもぶれてしまいます。
例えばブレ防止のカメラを使用すると初心者であってもある程度キレイに
動画撮影をすることができます。
何か被写体があるのであれば、右手を左手で固定しながら撮影する方法も
身につけておくと非常に便利です。片手だけでカメラを持って撮影すると
やはりぶれてしまいます。しっかりと左手で支えることによって
右手が固定されるのである程度満足できる動画をとることができるでしょう。

ロケの撮影は非常に難しく何回も失敗を重ねながら慣れていくものです。
テレビ局のロケハンは、非常に多くのスタッフが協力しながら撮影するのは
やはりそれだけ撮影が大変だからです。
プロの動画撮影とタレントがハンディで撮った動画とでは
随分違いがわかると思います。それだけ撮影技術が必要なので
長い時間をかけながら良いものを作っていきましょう。

投稿日: